2018年4月19日木曜日

ヤブカラとろろご飯など野草飯(ヤブカラシ、三つ葉、セリ、ハルジオン)

春になると食材が豊富でいいですね。
先日、近所探索した時に、とてもいい感じのヤブカラシが伸びていました。

2018/04/17

こういうのを見ると食べたくなるのがヤブカラとろろ。
ぴりりとした刺激、野菜にはない持ち味です。

新芽の時期は赤色を帯びていますが、茹でると緑色になります。


作り方は以前のブログに書いてあります。

ご飯のおともにヤブカラシ
http://yasou5656.blogspot.jp/2016/05/blog-post.html
初夏のヤブカラシ、草刈り後にはえてきたコゴミの味の確認
https://yasou5656.blogspot.jp/2016/07/blog-post_22.html

はい、毎年作って食べています。

ヤブカラシを茹でて水にさらして包丁で細かく刻みます。
粘りがでるまでたたいたほうが美味しいと思いますので、気合いれてトントンします。


自分で撮影しながら包丁トントンしてるから手ブレすごい(^^;
いいなと思ったら鰹節を加え、だし醤油も加えます。


鰹節は写真の量よりも多いほうがいいと思います。
だし醤油も多めなほうが美味しいかな。


で、この日のお昼ご飯はこんな感じ。


ヤブカラとろろご飯
セリとはんぺんのお吸い物
ソーセージとちくわと卵の筏焼き(三つ葉、ハルノノゲシ入り)

三つ葉やハルノノゲシやセリは、お昼ご飯支度しているときに庭から摘みました。




ヤブカラとろろ


あく抜きの水に漬けすぎてたせいか、ヤブカラシの味が少しだけ薄れてしまいました。
ほんとは昨日のお昼に食べる予定だったのですが、体調がいまひとつで、結果、二日間ほど水にさらしました。
だし醤油ももう少し加えればよかったな。
明日のお昼は納豆と一緒に食べようと思っています。


セリとはんぺんの澄まし汁

白出汁作ってはんぺん入れて、セリを切って入れたらかるくかき混ぜて火をとめて蓋をして。
うん、セリはこれくらいの量だと優しい香りでちょうどいいな。
はんぺんが多いのはまあ家庭料理だからこれでいいのです。いいったらいいのです。


ソーセージとちくわと卵の筏焼き

冷蔵庫の中にソーセージとちくわがあったから作っただけなんですけどね(^^;
野生の三つ葉は香りが強すぎて苦手なんです。
なので少量にして、緑の追加としてハルノノゲシも茹でて切って加えました。
レシピというほどのものでもないのですが、備忘録として記します。
ソーセージとちくわを縦半分に切って、玉子焼き器に並べて焼き、刻んだ三つ葉を卵液に加えて流し込み、茹でて切ったハルノノゲシを上にかける。
下面に焼き色がついたらひっくり返して焼く。

三つ葉の香りが強烈だったら困るなあ、と思いながら一口食べて。
あれれ?三つ葉の風味ゼロだぞ???
ハルノノゲシには強い香りはありませんが、シャキッとした噛み具合を楽しめます。

ブログにはアップしていませんが、野草食は今年もちょこちょこ作っていたりします。
ごちそうさまでした。








2018年4月8日日曜日

カキドオシとスイバのピザ、かきどおしティー、カキドオシと梅干しの冷製パスタ、ノゲシパスタ

数年前に庭にカキドオシの小枝を挿し芽しました。
そして現在、その名の通りどんどん伸びて庭に大繁殖しています。

温かくなってきて花が咲き始めました。
2018/03/28

日陰のカキドオシが柔らかくて美味しそうです。
2018/04/07

ブログにはアップしていませんが、去年、カキドオシを使っていろいろ作ってみました。
機会があったらいつかアップするとして、今回はここ数日に作った料理の記録です。


先日、ドがつく某激安店に行ったら自宅で焼くピザが一枚198円で売っていました。
これに色々具を追加して焼いて食べるの好きなので購入。
普通にバジルのせて焼こうかなと思っていたのですが、ふと思い立ち、スイバとカキドオシをのせてみる事にしました。

2018/04/03

上半分は庭のバジル葉、ピザについてきたバジルソースをのせて、左下にスイバと菜花、右下半分にはカキドオシをのせました。
綺麗ですよね。

焼いたらなにがなんだかわからんようになりましたけれど。

カキドオシとスイバのピザ

葉や花を残しておきましたので、上にトッピングして見た目をごまかす。

さて、お味ですが。
スイバは特有の酸味が消えてしまい、のせても意味ない味になりました。
菜花も熱でしおれちゃったし。
カキドオシ!香りが強いですね。加熱後はバジルのほうが強いと以前の経験で感じていたのですが、今回はカキドオシのほうが強かったです。
バジル苗がまだ幼くて本領発揮できなかったのかも。

カキドオシとチーズ、あいますね。


摘んだカキドオシが余ってましたのでハーブティ風にしてみました。

かきどおしティー

ポットにカキドオシを入れて熱湯をそそぎしばらく蒸らしてからカップに入れ、レモン汁をほんの少し垂らし、葉と花を飾りました。
良い香りがします。
けど、私はこれ、ちょっと苦手かな。
もともとハーブティが好きではないのですよ。


ノゲシパスタを作ろうと思い、前日のうちに庭から収穫して茹でて水にさらしておきました。


ノゲシパスタ好きなんですよ。
今回はオニノゲシとハルノノゲシの両方を使っています。
そして今日の昼、さあ作ろう!と思ってよく考えたら摘んだノゲシ少ないやん。。。
なのでカキドオシも使ってみました。

以前にカキドオシでジェノベーゼを作った事があります。
けれど、バジルで作ったもののほうが数倍美味しかったのでそれ以降やっていません。
ペーストにすると香りが引き立たないのかも?と思っていましたので、今回はみじん切りくらいでいこうかなと。

摘んでから台所で食材チェック。
梅干しがありましたのであわせて少し試食。あ、うまいやん。
発酵系とあうかもと三五八漬けの漬け床とも合わせてみた。カキドオシ風味完全敗北却下。

他にもなにかないかなーと、、、ああ、去年作ったアンチョビある。


これ、上と間にカキドオシを挟んであります。
作ってしばらくはカキドオシが香っていい感じでしたが、一か月経たないうちにカキドオシの風味が消えてしまいました。

まあこの三つでパスタ作ってみましょうか。


使った量はこれくらい。
先に結論を書くと、アンチョビいらないです。隠し味になるかと思ったのですが、梅干しとカキドオシに押されまくってちっとも感じなかったです。
市販のアンチョビならば少しは役立つかもしれませんけれど、梅干しとカキドオシだけで十分かなと。
そしてカキドオシはもっと細かく切ろう。

梅干しですが、自家製減塩梅干しよりも市販の蜂蜜入り減塩梅干し(右側)を使ったほうが美味しいです。


市販のものは塩分減らしたのを補うために色々と加えられているのでしょうね、少し化調風なうま味、そして甘さがあり、これがカキドオシとよくあいました。


ではレシピ(というほどのものではないですが)。

まずはパスタを茹でる


ノゲシパスタ
ノゲシパスタ

茹でて水にさらしたノゲシを小口切り、フライパンにオリーブオイルを入れてノゲシを炒め、市販のやっすい鮭フレークを加え、塩分みながら醤油を加える。
茹で上がったパスタを加え、ゆで汁も適量入れ、混ぜて完成。



カキドオシと梅干しの冷製パスタ
カキドオシと梅干しの冷製パスタ
カキドオシをみじん切りに、梅干しは果肉を叩いてペーストに。
茹で上がったパスタを水に入れて一気に冷やし、カキドオシと梅干しを混ぜ合わせて皿に盛り、トッピングをして完成。


むっちゃ楽。


さて、肝心のお味ですが。

ノゲシパスタは定番のおいしさ。
でもノゲシ少なかったー
ノゲシの良さのひとつにシャキシャキ食感があります。
これがパスタやチャーハンなどによく合うのですよ。

カキドオシパスタうまい。
食べようと顔を近づけるとカキドオシのよい香りがして、口に入れるとカキドオシと梅干しの味がきちんと伝わってきます。これはよい。
野草に対して思い入れのない夫の意見がすごく参考になるのですが、カキドオシパスタ美味しいと言っていましたので、よし。

ただ、改善点もあります。
カキドオシの葉はもう少し細かく切ったほうがよいです。
このサイズだと口内にくっつき、その時のザラザラ食感が気になりました。
葉が大きいとカキドオシの持つ苦味も少し感じやすい気がします。

そして、食べ進めていくと、カキドオシの味に飽きてきました。
この一皿を夫と二人で分けて食べても飽きましたので、小鉢に少しだけ盛るくらいが美味しくいただける量かな。

カキドオシの良い香りは時間が経つと抜けてしまいます。
なので、出来上がり直前に刻んだほうがよいですよ。
ごちそうさまでした。







2018年3月31日土曜日

お気に入りの野草図鑑

先のブログで野草山菜図鑑を紹介しました。
野草山菜図鑑や野草料理本
今回のは食毒関係ない図鑑ですが、実に使い勝手がよいので記します。

一年半前ごろ、書店で野草関連書籍を見ているときにこの本に出合いました。


最新版 街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本
(書籍名または写真クリックでamazonへ)

書物が何冊あっても情報が分散されるだけなので図鑑は増やしたくないのですが、これはよかった。
なので即購入しました。

街中や河原や原っぱに行って、すぐに目につくような草をメインに掲載してあります。
この最新版は2014年発行と新しいので、植物の科の分類をAPG分類で掲載してあります(シロザがアカザ科からヒユ科になったー)。
絶滅危惧種のレッドリストや要注意外来生物も各植物ごとに明記されています。
本の最初のほうに植物の用語(互生・距など)が載っています。

身近で見られる草が掲載されていますので、ちょっと散歩という時にも便利。
ですが、厚みが32ミリと少し厚めかな?
しっかりとした紙質ではありませんので、めちゃ重いというわけではありません。

いやもうなんというかマニアックな本ですね。

しょっぱなからオオイヌノフグリ・タチイヌノフグリ・イヌノフグリ・フラサバソウ・コゴメイヌノフグリ・ムシクサとまあオオイヌノフグリに似た植物が並ぶ並ぶw

といっても難しい本ではなく、写真と文章でわかりやすく解説してあります。
購入する決め手になったのは、似た植物との見分け方ページがしっかりとあること。
オオイヌノフグリとイヌノフグリ、タチイヌノフグリとムシクサの見分け方が写真付きできちんと書いてあります。おお!!

イネ科雑草が充実している点も面白いです。
メヒシバやオヒシバは知っていましたが、コメヒシバ知らなかった。
カヤツリグサは知ってても、その後にカヤツリグサ科が29種も載ってる(@@;

食べられる野草のアキノノゲシのところにはホソバアキノノゲシやリュウゼツサイが写真付きで載っていました。このふたつ知らなかった。。


とっつきやすい文章で書いてありますのでスラスラと読めますし楽しいです。
でもその代わり、詳細な説明が少ないところもあります。
そういうとこは自分で書き込めばいいだけの話ですので書いてます。

(解説文が読めないようにしてあります)

はい、図鑑に色々書き込む派です。
ノートを別に作成するよりもこれ一冊で完結するほうがわかりやすいですし。
フィールドで実際に見たら、名前の横に〇印をつけ、索引ページの名前に線つけてます。
食べられるか否かを書き込んでもいいですね。


街中で見かける草の図鑑ですので、山にある草などは載ってなかったりします。
でも、これ一冊で完結したい。
なので私はこんな風にしています。


右下が該当本。ようわからん状態になっていますね。
すぐにボロボロになって邪魔になる表紙を取り外し、クリアケースでポケットを作り、図鑑に載っていないけれど覚えておきたい植物をはさんであります。
こんな感じになってます。


後半は自分の図鑑の使い方になってしまいましたが、これから野草がぐんぐん伸びる季節ですので、気に入った図鑑をもってフィールドにでてみてはいかがでしょうか。